英語を上達させたいなら発音は必ず身につけた方がいいよ!という話

リスニングで話されてる英語が全然聞き取れない
自分の話してる英語がなかなか相手に伝わらない

こんな経験がある人も多いと思います。

 

「毎日勉強してるにもかかわらず、いっこうに英語が聞き取れる気がしない」

 

そういう人は英語の発音をしっかり身につけることで、英語が聞き取れるようになり、さらには相手に伝わる英語を話すことができるはずです。

今回は、「英語を上達させたいなら発音は必ず身につけた方がいいよ!」ということを書いていこうと思います。

カタカナ発音のままでは、いつまでも英語が上達しない

「カタカナ発音のままでも通じればいい」という人もいますけど、僕は英語を上達させたいなら発音をしっかり身につけた方がいいと思ってます。

理由は以下の3つ。

  1. 相手になかなか伝わらない
  2. 音の変化が聞き取れない
  3. ナチュラルスピードについていけなくなる

1. 相手になかなか伝わらない

発音が悪いと、まず相手に伝わりませんよね。

自分が言いたいことがなかなか伝わらないと、もどかしさやストレスを感じると思います。

同様に話してる相手も「何言ってるんだこいつは」とストレスを感じているはずです。

海外で道を聞きたくても、自分の発音が悪いせいで相手にしてもらえなかったら悲しくないですか?悲しいですよね。

 

親切な人であれば、カタカナ発音であっても言いたいことを理解しようと努力してくれるでしょう。

だけど、みんながみんな親切な人ばかりではないですよね。

話の通じない相手を根気強く相手にしてくれるほど、みんな暇じゃないのが現実です。

2. 音の変化が聞き取れない

カタカナ英語のままでは英語の音の変化を聞き取ることができません。

理由は、日本語と英語では発音の仕組みが全く違うから。

 

英語には、日本語と違って音の連結というものがあります。

“check it out” が「チェケラ」に聞こえるアレです。

 

例えば、同じような “look at it” を「ルック アット イット」とカタカナ読みで覚えてしまうと、

「ルカティッ」

と聞こえたときに、それが “look at it” だと分からないはずです。

 

そうなると間違いなく

つな缶

え、今なんて言ったの?

状態になりますよね。

 

「 “look at it” はルカティッと聞こえる」とメモったところで、こうした英語の音の連結はたくさんあります。

  • get out
  • look around
  • put it in
  • try it on

などなど・・・。

それら全部をカタカナ読みで覚えていくのは相当しんどいはずです。

 

これではいつまで経っても英語が聞き取れるようにはなりませんし、なかなか上達していかないので挫折の原因になってしまいます。

3. ナチュラルスピードについていけなくなる

人間の脳には、自分の知らない音は知っている音に置き換える性質があります

例えば、 “right” と聞こえても、Rの音が分からなければ「ライト」にしか聞き取れません。

 

「ライト」としか聞き取れないと、 “right” と “light” どっちを言っていたのか考える必要が出てきます。

こうなると文の流れから判断していくしかないですし、そのために文の最初から最後までずっと集中して聴いていないといけませんよね?

しかも集中して聴いたところで、自分の判断が合ってるのかどうかも分かりません。

 

途中で日本語の思考を介していたら、英語の自然なスピードに付いていけません。

「英語は英語のまま理解する」なんて言いますけど、英語のスピードについていくためには、ダイレクトに聞き取れる必要があります

発音を学ぶメリット

①リスニング力の向上

正しい発音を学ぶことで間違いなくリスニング力が上がります。

なぜかというと、自分の口から出せる音は簡単に聞き取ることができるから

Rの音とLの音を自分で使い分けることができれば、相手が “right” と言ったのか “light” と言ったのかも瞬時に判別が付きます。

正しい音を判別できるので、「ライト」としか聞き取れないカタカナ英語のままよりもリスニング力が上がるわけです。

②相手に伝わる

自分の言いたいことを誤解なく伝えられます。

相手に聞き返されることや誤解されることが減るので、スムーズにコミュニケーションを取ることができます。

相手に伝わるようになれば、次第に会話すること自体が楽しくなってくるはずです。

発音を身につける方法

それじゃあ、どうやって発音を身につけるの?という話になりますよね。

ネイティブの知り合いがいればその人に教えてもらうのが手っ取り早いですが、ネイティブの友達なんていない人の方が大多数でしょう。

 

基本的には

  1. 発音の教材を買って、自力で身につける
  2. オンライン英会話や留学を通してネイティブに教えてもらう

の2パターンになると思います。

 

ネイティブに教えてもらう方法は、ネイティブの発音をひたすら真似していけば良いですよね。

なのでここからは、独学で発音を身につけたい人に向けて、1.の「発音の教材を買って、自力で身につける」方法をもう少し詳しく紹介していきます。

英語耳

独学で発音を学ぶなら、イチバンおすすめのテキストです。

英語耳では、ひとつひとつの音を口のイラスト付きで分かりやすく解説してくれています。

僕もこの英語耳を使って、発音を身につけました。

 

CDが付いているので、このCDを使ってひたすら発音練習していきましょう。

何十回と繰り返し練習することで、少しずつ正しい発音が身についていきます。

 

CDは1周20分ほどなので、そこまで時間を取らずに発音をひと通り練習することができますよ。

▼英語耳を使った効果的な勉強法をこちらの記事に書きました。

発音を身につけるなら『英語耳』が良い3つの理由と効果的な使い方

フォニックス

英語の発音を身につける方法の2番目は、フォニックスを覚えることです。

フォニックスとは、綴り字と発音の関係性を示すためのルールのこと。

英語圏の子どもたちは、このフォニックスを使って英語の発音を覚えていきます。

 

ABCDを普通に読んでいくと「エー、ビー、シー、ディー」となりますよね?

しかしフォニックスでは、「ア、ブッ、クッ、ドゥ」と読んでいきます。

実際の単語に使われる音にアルファベットの読み方と置き換えていくんですね。

 

フォニックスを覚えることで、わざわざ発音記号を覚えずとも正しい発音を身につけていくことができるわけです。

さらにアルファベットから音がわかるようになるので、知らない単語でも推測して読めるようになります。

Siri

Siriの音声認識システムを利用して、発音をチェックしてみましょう。

アンドロイドの場合はGoogleアシスタントで代用できます。

やり方は、Siriの言語設定を英語にするだけ。

わざわざ端末の言語設定まで変えなくても、Siriの言語設定だけ変えられますよ!

 

iPhoneの「設定」から「Siriと検索」をタップし、「言語」の欄で日本語から英語にしましょう。

 

アメリカ英語だけでなく、イギリス英語やオーストラリア英語なども設定できます。

あとはホームボタン長押しでSiriが起動するので話してみましょう。

注意

注意点としては、Siriは必ずしも正確に聞き取ってくれるわけではないです。

正しい発音であっても、うまく認識してくれないこともあります・・・。

なので、Siriが認識してくれないからと言って、あまりムキになるのはオススメしません(笑)。

あくまで発音チェックの一つの方法として試してみるのがいいですね。

とはいえ発音を完璧にする必要はない

「英語を上達させたいなら発音は必ず身につけたほうが良いよ!」というお話をしてきました。

 

とはいえ、完璧な発音を身につけるのはなかなか難しいので程々にしておくのも大切です。

僕みたいな真面目で完璧主義な人は

つな缶

ネイティブみたいな、きれいな発音になるまでやらないと。

とつい張り切ってしまいます。

 

けれど僕らはネイティブではないので、ネイティブと全く同じレベルまで発音を磨くのはやっぱり難しいし、果てしない時間を要してしまいます。

ネイティブレベルの完璧な発音ではなくても、相手に伝わるレベルの発音があれば十分だと思います。

 

正しい発音を一度身につけさえすれば、あとは一生モノになります。

今まで英語の発音を知らなかった人にとっては、発音を身につけるだけで、だいぶ鮮明に英語が聞き取れるようになりますよ!