名古屋グランパスに新加入!ウィリアン・ホーシャって?

こんにちは、つなかん(@tunakan758)です。

これまでサッカーについて書くと言っておきながら全く書いておりませんでした。サーセン

なので今回はグランパス関連のことを書いていこうと思います。

新加入のウィリアン・ホーシャについて

すでに数日経っていますが、2018年2月14日にブラジル人DFのウィリアン・ホーシャが期限付き移籍で僕の応援している名古屋グランパスに加入しました。

移籍期間は2019年の1月1日まで。背番号は36に決まったようです。

 

Rochaと書いてホーシャと読むんですね。

すでにタイキャンプと沖縄キャンプも終えて、開幕戦まであと2週間という時期での新加入ということでビックリしました。

確かにグランパスは昨年J2リーグで65失点と守備に課題を持っていたにも関わらず、オフシーズンでのディフェンダーの補強が少なかったので心配でした。

今年の沖縄キャンプでの琉球FCとの練習試合では45分4セット(つまり180分)で2対7と7失点。

浦和レッズとの練習試合でも45分4セットで4対4と4失点。

「得点力はあるけど、失点も多い」

練習試合の結果を見て、今年もそんなシーズンになるんだろうなぁと思ってましたけど、ホーシャの加入で課題の守備面がどうなるか期待がかかります。

どんな選手

ポジション

ポジションはディフェンダー

センターバックとサイドバック両方できるようです。

前所属のグアラニでは左のセンターバックでプレーしていたようです。

サイドバックには新人の秋山陽介がいますし、きっとグランパスでも同じポジションで起用されるんでしょうね。

ホーシャは左利きの選手なので、いずれにしても左サイドが主戦場になるようです。

年齢

1989年生まれの28歳。

グランパスでは押谷祐樹、内田健太と同い年ですね。

経歴

昨年はブラジル2部リーグのグアラニFCにいました。

2013年スイスのグラスホッパーを除いてずーっとブラジルのクラブにいたようですが、期限付き移籍を含め数多くのクラブを渡り歩いてます。

パウリスタ→トンベンセ→フィゲイレンセ→アメリカMG→スポルチ・レシフェ→グラスホッパー→アトレチコ・パラナレンセ→アヴァイ→クリシューマ→レッドブル・ブラジル→グアラニ→名古屋グランパス

参考 ウィリアン・ペレイラ・ダ・ホーシャWikipedia

それにしても多い!(笑)

ホーシャにとってグランパスが12番目の在籍クラブになります。

プレースタイル


YouTubeに上がってる何本かの動画をみた感じ、スピードがありそうです。

グランパスはパスをつないで押し込んでいくスタイルなので、ディフェンダーとゴールキーパーの間には大きなスペースができてしまいます。

パスをつないで攻めてる途中で相手にボールを取られ、そのスペースを狙われてしまうと一気にピンチになってしまうんですね。

そんなとき足の速いディフェンダーがいると、すばやく自陣に戻って相手の攻撃を遅らせることができます。

 

それから、セットプレーからヘディングでゴールを決めてるシーンも多いですね。

グランパスにはシャビエルというフリーキックの名手がいるので、攻撃面でも相手に脅威を与えることができそうです。

開幕戦でさっそくゴールを決めました

2月24日にアウェイで行われた明治安田生命J1リーグガンバ大阪との開幕戦でさっそく移籍後初ゴールを決めました。


前半を1-1で折り返した51分、シャビエルのセットプレーからのこぼれ球を押し込み、一時は勝ち越しとなるゴールを決めました。

ゴール後には、サポーターの方を向いた敬礼ポーズがありました。

これは亡くなったお兄さんに向けてのものだそうです。

お兄さんは生前は警察官だったため、このポーズをするようになったのだとか。

―得点後の敬礼ポーズには特別な意味があったのですか?

その通りです。亡くなった兄がブラジルで警察官をやっていて、会うたびにこのポーズで挨拶をしていました。兄のためにも、このポーズをどんどんやれるように頑張っていきたいです。

参照:INSIDE GRAMPUS 明治安田生命J1リーグ第1節 G大阪戦後 選手コメント①

終わりに

ホーシャの加入でグランパスに所属するブラジル人選手は4人となりました。

昨年ブラジルリーグ得点王&MVPで移籍金Jリーグ史上最高12億円と鳴り物入りで加入したジョー

16試合で7ゴール15アシストの大活躍でグランパスのJ1昇格に貢献したガブリエル・シャビエル

CBとして同じく昇格に貢献したワシントン

そして今回新たに加入したホーシャの4人です。

 

しかし実際に試合でベンチに入れるのは4人のうち3人だけなんですね。

つまり4人のうち1人は試合に出ることができません

ジョーとシャビエルはこれまでの実績と活躍からみてレギュラー決定的なので、実際のところワシントンとホーシャでスタメンを争うことになりそうです。

ポジションを争うことはチーム内の競争力が高まるので大歓迎です!

風間監督がどう起用してくるか楽しみですね。

 

▼あわせて読みたい

2018年Jリーグ開幕!名古屋グランパスvsガンバ大阪を観戦してきた【名古屋グランパス】2018シーズン前半戦の戦いを振り返る