集中力を高めるために雑念を排除する4つの方法

勉強や仕事になかなか集中できない。
集中力を高めるにはどうしたらいいんだろう。

こんな悩みを持つ人は多いですよね。

僕も自分は集中力が続かないほうだと思っていて、ふと気がつけば他のことを考えています。

試験中、ふと気がついたら全然今と関係のないのことを考えてしまう。

そして目は問題を読んでるのに頭に入ってこなくて、結局読み直して時間をロスしてしまう。

さらに分かってはいるのに同じ問題で同じミスをしてしまう・・・。

 

加えて僕は完璧主義で、うまくいかないことがあるとそのことばかり気にしてしまって、頭がいっぱいになります。

悩みが頭の中で堂々巡りしまって、いま目の前にある作業に集中できなくなることも少なくないです。

 

「もっと集中力を高めて目の前のことに集中できるようにしたい!」

 

そんな風に感じていたときに「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術」という本を読みました。

時間術の本ですが、「集中力を圧倒的に高めて時間効率を最大化する」というのがこの本のテーマなので、集中力についての役に立つ情報が多かったです。

この記事では、この「神・時間術」の中で書かれている「集中力を高めるための雑念を排除する4つの方法」について紹介していこうと思います。

神・時間術とは?

 

「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術」の著者は精神科医であり20冊以上の本を出版している樺沢紫苑かばさわしおんさん。

樺沢さんといえば「アウトプット大全」の著者でもありますね。

精神科医に学ぶアウトプットが苦手な人でも楽にできるようになる方法

樺沢さんはメルマガ、フェイスブック、YouTubeなどで脳科学や精神医学の知識、心理学の情報などを発信しています。

今回の「神・時間術」では、集中力を高めて仕事を4倍こなし2倍遊ぶための時間術について書かれています。

集中力を高めるための雑念を排除する4つの方法

1:モノを整理する

さて、

  • 整理整頓されていてキレイな机
  • 関係のない書類や読みかけの本が散らばっている机

あなたはどちらの机が集中できると思いますか?

言うまでもなくキレイな机ですよね。

机の上に関係のない書類や読みかけの本が散らばってたら、まず集中して作業に取り組めません。

 

机の上にものが散らばっていると、そこから雑念が発生していきます。

そして一度途切れた集中力を取り戻すためには、約15分かかると言われているんですね。

関係のないモノに目移りしてしまうと、今やらなきゃいけないことがどんどん後回しされていきます。

すぐに作業に取り組めるように、机の上には必要なもの以外置かないようにしましょう。

 

さらに作業の途中で探しものをしてしまうのも、そのぶん時間と集中力が奪われてしまいます。

なのでそれぞれの物ごとに置く場所を決めておくといいです。

例えば、

  • 本は読みかけでも本棚へ戻す
  • 文房具は筆箱にしまって引き出しの手前へ入れる
  • 書類はファイルにまとめ、引き出しの左側にしまう

など、自分がどこにそれをしまったかがすぐに分かるようにしておくことが大切です。

2:気になることは全部紙に書く

人間の頭の中は常に思考し続けていて、1日に約70000回も思考しているとも言われています。

そういや今日、大好きなマンガの新刊の発売日だった!

今日の晩御飯はなんだろなー。

このようなやらなきゃいけないことと関係のない雑念は間違いなく集中力を妨げます。

だんだんと関係のない作業をやりたくなる騒動にかられてしまうんですね。

一番典型的なのは、勉強しようと思っていたのにいつの間にか机まわりの整理整頓をはじめているアレでしょう。

こうした雑念は、間違いなく集中力を妨げ、今やっている仕事を中断して別な仕事や作業をやりたい衝動にあなたを駆り立てるはずです。結果として、集中力が妨げられるだけでなく、仕事が中断してしまうのです。たった1秒の雑念が、結果として15分の時間のロスに連鎖していきます。

出典:「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術」

 

ただ、こうした雑念だって消すことができますよ。

それが「気になることは全部書く」という方法です。

人は、達成したことよりも達成できなかったことや途中で中断したことの方をよく覚えています

MEMO
ツァイガルニク効果といいます。

テレビ番組などで、いいところで「続きはCMのあとで」とされると続きが気になってしまうアレです。

気になることを全部紙に書くことで、こうした雑念を「達成したこと」扱いに変えることができます。

 

「今日は大好きなマンガの新刊の発売日だった。仕事が終わったら買いに行く」

 

とメモすることで、こうした雑念を一時的に頭の外へ棚置きするわけです。

「達成したこと」扱いにしてツァイガルニク効果を消すことで、脳の記憶スペースを占拠する必要もなくなります。

とにかく、雑念が出たら書き出すことです。そして、書いたら忘れる。「書く。そして、書いたら忘れる」を習慣にすると本当に雑念が湧かなくなり、集中力が高いまま仕事を続けることができるようになります。

出典:「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術」

3:他人に邪魔されないように引きこもる

せっかく集中しているときであっても、家族や友達から声をかけられたりして邪魔をされることもあります。

本当に邪魔をされたくないときは引きこもって一人で作業しましょう。

 

僕もブログを書くときは基本的に自分の部屋で一人の状態で書くようにしています。

同じ空間で誰かがテレビを見ていて、笑っていたりすると気が散って集中できませんよね。

一人になれない状態のときはイヤホンを使って自分の世界に引きこもります。

4:ネット環境を断つ

自分が作業中にスマホの通知がなると、その一瞬気を取られるだけで集中力を持っていかれてしまいます。

一度集中力が切れると、再び取り戻すのに15分かかってしまいます。

1時間に3回スマホの通知が来た場合、たったの15分しか集中できません。

 

SNSなんかが気になってどうしても集中できないときは、機内モードに設定しておきましょう。

「神・時間術」では電源をオフにしないと意味がないとありますが、電源を切ってしまうと再起動するのにけっこう時間がかかってしまうんですよね。

機内モードでもSNSの通知や着信は来なくなるので大丈夫です。

図書館や飛行機の中だと集中できる理由

雑念になる原因を見ていくと、「なぜ家ではなかなか集中できないのに、図書館や飛行機の中だと集中できるのか」もうわかりますよね。

つまり、自分にとって「不必要なモノ」が少ない空間であるからです。

「不必要なモノ」が身の回りにあればあるほどそれが雑念になっていきます。

 

家の中だとゲームやテレビ、マンガだったり。

あらゆる誘惑が待ち構えています。

でも図書館なら自分の持っている勉強(作業)道具に限定されますよね。

飛行機の中ではネットも使えません。

 

集中力を妨げる、自分にとっての「不必要なモノ」がない環境であればあるほど、自然と集中力を高めるができます。

たとえ家の机であっても「不必要なモノ」を視界にさえ入れなければ、簡単に集中できる環境は作れるわけです。

まとめ

  1. モノを整理する
  2. 気になることは全部紙に書く
  3. 他人に邪魔されないように引きこもる
  4. ネット環境を断つ

集中力を妨げる雑念を排除する方法4つを紹介しました。

自分の家だとなかなか集中できないという人は、机の上や椅子に座ったときにみえる場所に、これからやることに関係のない「集中力を妨げるもの」がないか見直してみてください。

あった場合は片付けるなり見えないように視界から隠しておきましょう。

もちろんスマホも、ですよ(笑)。

 

「神・時間術」には雑念を払う方法だけでなく、集中力を高めるための1日の過ごし方などが詳しく書かれています。

樺沢さんの本は分かりやすくて読みやすいです。

2時間ほどで読めると思うんで、興味が湧いた人はぜひ読んでみてください。

 

▼午後になっても集中力を持続させる仮眠のコツ。

午後になっても集中力を切らさないための仮眠のコツ

▼「アウトプット大全」もアウトプットするのが苦手な人におすすめ。

精神科医に学ぶアウトプットが苦手な人でも楽にできるようになる方法