Amazon Audibleを使ってみた感想とおすすめタイトル紹介

こんにちは、つなかんです。

この記事では、Amazon Audibleを利用してみた感想とおすすめタイトルを紹介していきます。

  • Audibleを使っている人の感想が知りたい。
  • 利用するメリット・デメリットって何だろう?
  • おすすめのタイトルもあれば知りたい。

こんな疑問に答えていければなと思います。

僕は、無料体験で3000ポイントもらえるキャンペーンをきっかけにAudible(オーディブル)に登録してみました。

登録してから2週間ほど経ちましたが、いまのところなんとか毎日続いてます(笑)。

といっても一日で5分くらいしか聴いてないときもありますし、作業用BGM的にずっと聞き流しているときもあって使い方はマチマチです。

本を耳で聴くようになると、いちいち物質の本を手に持って開く必要がなくなるので、これまで本を読めなかった移動時間などが読書の時間に変わります。

これまでどうしようもなかった時間もインプットの時間に変わっていきますよ!

登録方法はこちらの記事で紹介しています。

Amazon Audibleを無料体験する方法

使ってみてわかったAudibleのメリット

Audibleを使ってみて感じたメリットはこんな感じです。

Audibleを使ってみて感じたメリット
  1. どこでも聴ける
  2. 再生速度が細かく調節できる
  3. 読書へのハードルが下がる
  4. ブックマーク機能
  5. 洋書なら英語のリスニングの勉強になる

順番にみていきます。

①:どこでも聴ける

いちばんのメリットはやはりどこでも読書ができることです。

車の運転中や家事をしている最中など、「手が離せない」状態をインプットの時間に変えられるのがAudibleの最大のメリットですね。

Audibleは車社会であるアメリカから誕生しました。

なので運転中にAudibleを利用するというのが、もっともAudibleのメリットを享受できるのかなと思います。

②:再生速度が細かく調節できる

Audibleは再生速度がかなり細かく調整できます。

  • 0.5x
  • 0.75x
  • 1x
  • 1.25x
  • 1.5x
  • 1.75x
  • 2x
  • 2.5x
  • 3x
  • 3.5x

10段階もあるので、細かく速度を調節できます。

ちなみにポッドキャストでは、

  • 0.5x
  • 1x
  • 1.5x
  • 2x

の4段階しかありません。

とはいえ、3倍速は早すぎて内容が入ってきませんけどね。

自分はいつも1.25〜1.5倍速にして聴いています。

再生速度が早いほうが速度についていこうと集中するので、内容が頭に入りやすくなりますよ。

③:読書へのハードルが下がる

普通の読書だと意味が分かりにくい箇所があったりすると、つい戻って読み直したりしがち。

そうすると全然読み進められないんですよね。

全然進まないと面白くないですし、これが読書が苦手になる理由のひとつかなーなんて思います。

けれど、音声だと常に一方通行です。

まあ巻き戻すことはできるんですが、頭で理解できなくてもとりあえず聞き流すことができるんですよね。

とりあえず再生しておけば、受け身の姿勢でもAudibleの方から勝手に流れていきます。

聞き流しておいても、全く話の要点が分からなくなることってそんなにないですよ。

さらにAudibleはスマホのアプリひとつで完結するので、聴き始めるまでのハードルも圧倒的に低くなります。

本棚からいちいち探して取り出す必要がないという点では、読書が苦手な人でも取りかかりやすいかなと思います。

聴き始めるまでのハードルが低いので、スキマ時間でもさっと聴けます。

スキマ時間であっても、塵も積もれば山となるわけです。

④:ブックマーク機能

ここらへんいいこと言ってるなと思ったらブックマークすることができます。

操作は簡単で、右下のブックマークボタンを押すだけ。

ブックマークした時間から本を再生できます。

さらにブックマークした箇所にメモをつけることもできますよ。

⑤:洋書なら英語のリスニングの勉強になる

Audibleでは洋書のタイトルも数多く揃えられています。

英語のリスニングの勉強として利用することもできますね。

使ってみてわかったAudibleのデメリット

メリットがたくさんある一方で、もちろんデメリットもあります。

Audibleを使ってみて感じたデメリット
  1. タイトルがまだまだ少ない
  2. 図や表がないからイメージしにくい場合もある
  3. 目次(見出し)からザッピングできない
  4. マンガはない

ひとつずつみていきます。

①:タイトルがまだまだ少ない

Amazon Audibleは洋書を含めて約40万冊対応しているんですが、Kindle Unlimitedが洋書だけで120万冊以上対応しているのと比べると、まだまだ対応しているタイトルが多いとは言えないです。

ただ、Audibleはこれから需要が高まってくる分野なので、対応タイトルはこれから少しずつ増えてくるんじゃないかなと思います。

これからに期待ですね。

②:図や表がないからイメージしにくい場合もある

音から情報を取り入れるゆえ、図や表がありません。

なので視覚的に見たほうが理解しやすい情報に関しては、やはり紙の本がいいですよね。

③:目次(見出し)からザッピングできない

目次をパラパラめくって気になった箇所だけ読むといったことができないのもAudibleのデメリットですね。

特にすでに自分が知っている情報を読み飛ばすには、やはり紙の本や電子書籍の方が楽です。

④:マンガはない

ラノベ(ライトノベル)はありますが、マンガは残念ながら今のところありません。

もしかするとこれから登場するかもしれませんけど、マンガが読みたかったら紙の本か電子書籍で読むようにしましょう。

こんな人におすすめ

  • 運転中の時間を有意義に使いたい人
  • ランニング・筋トレしている人
  • 家事をしてる時間を有意義にしたい人
  • 読書が続かなくて苦手な人

これまで読書の時間になりえなかった「手が離せない時間」を読書の時間に変えられるのがAudibleの最大の強みです。

手が離せない時間をインプットの時間に変えて生産性を高めたい人に特にオススメですね。

おすすめタイトルを紹介

どの本を選べばいいのかな?

という人に向けて僕のおすすめのタイトルを紹介しておきます。

気になるものがあればぜひ聴いてみてください。

Audibleのおすすめ本
  • 多動力
  • 君はどこにでも行ける
  • 自分を操る超集中力
  • 人生がときめく片づけの魔法
  • 反応しない練習
  • 人生の勝算
  • モチベーション革命
  • ぼくたちに、もうモノは必要ない
  • ライフハック大全
  • 藤原和博の必ず食える1%の人になる方法
  • アルケミスト:夢を旅した少年

終わりに

Audibleはあくまで補助ツールとして利用するのがベストかなというのが自分の使ってみた感想です。

もちろん、手が離せない時間を有効活用するのにはもってこいです。

これまで手がふさがっていた時間すら読書タイムに変わるので生産性が上がります。

でも、視覚から情報を得た方がいいこともありますし、場面毎に使い分けるのが良い使い方かなと思います。

Amazon Audibleには30日間の無料体験があります。

なんせ無料でできるので、やってみようか気になるのなら、まずは気軽に試してみましょう。

自分で実際にAudibleを体験してみることが、イチバン自分に合うか合わないかを判断できる要素になりますね。

Audibleの無料体験はこちら

Amazon Audibleを無料体験する方法