【SNS断捨離】僕がインスタをやめた5つの理由をあげていく

つなかん

こんにちは、つなかんです。

僕は2018年1月からこのブログを始めたわけですが、ほぼ同時期にインスタも始めていました。

けれどいろいろ考えた結果、インスタはやめることにしました。

 

普通にアカウント削除すれば終わる話なんですが、せっかくなんで理由でも書いておこうと思います。

インスタやめようかなぁ・・・なんだか疲れてきた。

もしこんな感じで悩んでるなら、きっぱりとやめちゃったほうがいいかもしれません。

僕がインスタをやめる5つの理由

僕がインスタをやめようと思った理由は次の5つです。

  1. SNS疲れ
  2. いいねを貰ったら返さなきゃいけない気持ちになる
  3. どこか行ったら投稿しとかないとという謎の義務感の発生
  4. 業者アカウントの多さにうんざり
  5. 他にやりたいことがたくさん出てきた

① SNS疲れ

僕がインスタをやめようと思った一番の理由はここに集約されますね。

「いいね」がもらえるとやっぱり嬉しくなります。

承認欲求が満たされますよね。

それでいつしか「インスタ映え」な写真に走っていくわけですが、最近は

つなかん

そこまでする必要あるのかな

と考えるようになりました。

 

自分がインスタ映えな写真をアップしようが、そのような写真はインスタにはゴロゴロ転がっています。

自分がよほどの有名人でもない限り、友達くらいしか見てくれる人はいません。

見栄を張ろうとすると精神的に疲弊します。

いいねをもらうことに、自分の承認欲求を満たされること以外得られるものが僕には見つかりませんでした

 

あとは他人のリア充アピール合戦を見るのも疲れてきますね。

② いいねを貰ったら返さなきゃいけない気分になる

自分の投稿にフォロワーさんからいいねをもらうと、その人が投稿したときに「いいね返ししないと」という気分になります。

「返報性の原理」が働くわけです。

返報性の原理(へんぽうせいのげんり)は、人間の持つ心理のひとつ。

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱くが、こうした心理をいう。

参照:Wikipedia

このことも僕がインスタをやめたくなった大きな原因でした。

 

いちいちタイムラインを見直して全部に返すのはめんどくさいので、他の人の写真を見ても「いいね」はしていませんでした。

けれど、僕の写真に対しては毎回してもらっているのに返さないでいると罪悪感が湧いてきます。

この感覚が、なんか自分がSNSに縛られているように感じました。

③ どこか行ったら投稿しとかないとという謎の義務感の発生

もともと僕は「自分の旅行したときの記録として写真を載せておこう」という感じでインスタを始めました。

始めた頃は自分がやりたいから始めたわけですが、いつしか惰性で、

つなかん

あー、せっかく旅行したからインスタにあげとかないとな・・・。

という気持ちになっていました。

だんだんめんどくさくなって投稿することに義務感を感じていきました。

④ 業者アカウントの多さにうんざり

もはや愚痴と化してますが(笑)、インスタには業者らしきアカウントが多いです。

上のコメントもプロフィールを見れば業者でした。

見ず知らずの業者アカウントから、毎度毎度よくわからないコメントを多くいただくので、なんかうんざりしてしまいました。

⑤ 他にやりたいことがたくさん出てきた

最近やりたいことが自分の中で増えていってます。

例えば

  • ブログ
  • 英語
  • 読書
  • プログラミング
  • 中国語

などなど・・・。

今はブログ・英語・読書がメインで、プログラミングや中国語にはほとんど手をつけてません。

時間が足りないなぁと感じています。

 

本当に自分がやりたいことは何かと考えたときに、これらのことは頭に浮かんでも、インスタは上位に来ませんでした。

自分の時間を作る意味でも、SNSしてる時間は減らす必要があるんじゃないかなと思うようになりました。

なんでもやれるが、全部はやれない

今の時代、SNSって本当にたくさんありますね。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • LINE
  • インスタグラム
  • YouTube

他にも

  • Tik Tok
  • SHOWROOM
  • WhatsApp

なんてものもあります。

 

会員登録さえすれば無料で気軽に始められるのが、SNSの魅力のひとつです。

気軽にできるゆえ、僕らはついいろんなSNSに手を出してしまいます。

そして、これらのSNSは人間の承認欲求をうまく利用してるので、いつしか夢中になってしまいます。

こうなってしまうと、もう中毒状態ですよね。

 

あれこれ手を出してしまうと、あっという間に自分の時間を奪われていきます。

「やってるときは楽しいから別に時間を奪われてもいい!」と思う人もいるかもしれません。

でも、惰性でSNSを続けることって、自分が本当にやりたいことなんでしょうか?

SNSをやってる時間、本来やりたかった他のことができなくなります。

 

「SNSはやめるべき」という話がしたいわけではないです。

ただ、SNSは時間を奪われやすい

だからこそ使い方を見直して自分にあった付き合い方をする必要があると思っています。

終わりに

僕がインスタをやめようと思った5つの理由
  1. SNS疲れ
  2. いいねを貰ったら返さなきゃいけない気持ちになる
  3. どこか行ったら投稿しとかないとという謎の義務感の発生
  4. 業者アカウントの多さにうんざり
  5. 他にやりたいことがたくさん出てきた
愚痴っぽい記事になってしまいました。スミマセン。

けれど楽しい人には楽しいと思います。素敵な写真がたくさん見られますしね。

大切なのは、自分が「本当に」それをやりたいと思ってやっているのか考えてみること。

 

僕の場合は、やりたいことが別にあって、それをやるために「やらないことを決める」ことも必要だと思ったのでインスタはやめることにしました。

もしやる必要が出てきたら復活するかもしれません(笑)。

 

インスタを楽しんでる人はこんな記事読んでないと思うので、ここまで読んでるあなたはイマイチ楽しめてなくて、やめようか悩んでる人だと思います。

今一度、自分が本当にやりたいことを考えてみてください

インスタに限ったことではないですが、惰性や楽しくないことに時間を費やすことほど無駄なことはないです。

僕らの生きてる時間は有限ですよ。

MEMO
試しに1週間だけアプリ消してみる実験をしてみるのもいいかもしれません。