初めての海外には「台湾がおすすめ」な理由を7つ挙げてみた

こんにちは、つなかんです。

テレビとかネット上では、「海外旅行初心者には台湾がおすすめだよ!」とよく宣伝しています(笑)。

でも実際のところどうなの?

とちょっと疑問に思うこともありますよね。

僕はこれまで家族旅行でインドネシアとグアムには行ったことがあるんですが、ひとりで海外に行ったことはありませんでした。

ですがこの度、台湾へと初めての海外ひとり旅をしてきました。

実際に台湾に行ってみて、なぜテレビやネットで台湾をすすめてくる理由がわかったような気がします。

今回は僕が実際に台湾に行って感じた「初めての海外には台湾がおすすめな理由」を7つ、紹介していきたいと思います。

僕が台湾に行った理由

僕が台湾に行くことに決めた理由は主にこの3つでした。

  1. 友だちに会いに行く約束をしていた
  2. 九份の景色をこの目で見たかった
  3. 海外に出ることで自分の視野を広げたかった

中でも台湾に行く一番のキッカケだったのは、台湾人の友だちと再会する約束をしていたこと。

この友だちとは、リゾートバイトで知り合って仲良くなったのですけど、日本や台湾のことをいろいろ話すたびに「台湾に遊びにおいでよ」と誘ってくれていました。こうも誘われたら

つなかん
つなかん

これは今が行くべきとき。行くしかない!

という気持ちになり、

つなかん
つなかん

じゃあ忘れないよう早いうちに行くよ

とわりと軽いノリで行くことに決定。

すぐに航空券とホテルを予約して、3泊5日で実際に台湾まで行って来ました。

こんな気軽な感じで初めてのひとり海外旅に出たんですが、結果として台湾に行って本当に良かったです。

僕が初海外に台湾をおすすめする理由

じゃあなんで台湾に行って本当に良かったの?ってところにも繋がってくるのですが、ここからは僕が実際に台湾に行って感じたことを書いていこうと思います。

① 治安がいい

まずはこれ。

日本に長く留まっている人からすると、海外って

  • 「危ない」
  • 「スリに遭う」
  • 「きたない」

というイメージがあるかもしれません。

でも台湾は比較的治安が良くて、安心して観光できます。

外務省の海外安全ホームページを見ても、台湾は危険度0レベルです。

いきなり強盗に襲われるとか、夜は外に出られないとか、そういうのは滅多にないです。

台北駅や周辺をひとりで歩いて見て回ってても、人々の様子とか日本と何が違うのか分からなくなるくらい普通です。

道路のわきで喧嘩してるとかそういうのも見ませんでした。

それから海外は街が汚いという点ですが、僕が訪れた台北ではほとんどゴミが落ちてませんでした。

台北市内にはいたるところにゴミ箱があります。

駅には必ずひとつゴミ箱がありますし、夜市でもちゃんと食べた後のゴミを捨てる場所がありました

また街を歩いていると清掃員の方がゴミ箱の中のゴミを片付けている場面をよく見かけました。

街の清掃が行き渡っていると思いますし、清潔さという面でも見ても、もう日本とたいして変わらないんじゃないかなと僕は思います。

トイレについても台北市内の観光地であれば比較的綺麗でしたよ。紙は流せませんが。

注意

治安がいいといっても、絶対に安心とは言えないです。

貴重品は必ず身につけておきましょう。

日本ほど安全というわけではないので、危なそうな場所には近づかないとか、スリには注意するといった心構えは持っておく必要があります。

② 日本でも馴染みのある店が多くある

台北には

  • ファミリーマート
  • セブンイレブン

といったコンビニや

  • すき家
  • ココイチ
  • くら寿司

といった日本で馴染みのある店が多くあります。

飲食店以外にも三越や無印良品もあります。

初めての海外をひとりで旅するとなると、いろいろと不安になることもあると思います。

それでも馴染みのある看板を見るだけでなんだかホッとするんですよね。

ヨーロッパほど異世界な感じがしないので、ひとりでもホームシックになりにくいんじゃないかなと思います。

③ 人が優しい

困った時に台湾の人は声をかけて助けようとしてくれます。

僕は台北駅で、あるマスコットの像が見たくて探していたんですが、なかなか見つからず困っていました。

するとたまたま通りかかった一人の女性が声をかけてくださり、親切にもそのマスコットのある場所を教えてくださったんですね。

これがそのマスコット。ネット上で見たときから気になっていたので実際に見てみたかった(笑)。現在は残念ながら別の場所に移転済み

場所を教えてくださった女性のおかげで無事に見つけることができました。

台湾には困っている人を助ける文化があります。

全員が全員ではないですが、何か困ったことが起きた場合、きっと周りの方々が手を差し伸べてくれますよ。

④ 食べ物がおいしい

胡椒餅の画像

食べ物がおいしいのも台湾の魅力のひとつです。

せっかく旅行に行っても、自分の口に合わないものばかりだったら楽しさも半減しますよね?

台湾は中華料理がメインなので日本人の口に合う料理が多いです。

小籠包や水餃子といった馴染みのある料理もあります。

僕が食べた台湾飯の中でも胡椒餅(フージャオビン)はオススメ

龍山寺の近くを散策している途中で食べたんですが、本当に美味しかった。

外はバリバリと皮が固く、中は肉まんみたいに豚肉が詰まっています。

つなかん
つなかん

龍山寺近くで食べた胡椒餅は1個50元でした。また食べたいですね。

⑤ 鉄道が便利

参照:台北捷運(MRT)公司モバイルサイト

東京や大阪ほどではないですが、台湾も鉄道が発展してます。

台北市内なら、バスやタクシーを使わなくてもMRTだけで観光できちゃいます。

MRTは日本の地下鉄と同じように結構な頻度でやって来ます。なので時間を気にする必要もありません。

そして何より台湾の鉄道は運賃が安い

初乗りがわずか20元(74円)です。 ※1元=3.73円で計算

JR東日本の初乗りが140円なので、ほぼ半分の値段で電車に乗って移動することができます。

⑥ 実は国内旅行とあまり変わらない値段で行ける

LCCとホステルを上手に利用することで、とにかく安く行けます。

今回の僕の台湾旅は航空券+宿泊代3泊5日で約5万円でした。それでも航空券代が往復で3万円だったので少しお高いです。

時期によってはあと1万円は安く行けちゃいます。

以前、大学時代の友だちと沖縄に遊びに行った時は3泊4日で7万円近く使っていました。

LCCを利用すれば国内よりも安く海外に行けちゃう時代になってるんですね。

航空券はスカイスキャナー、ホテルはエクスペディアを使って予約しました。

⑦ 日本語を話せる台湾人が多い

台湾の公用語は中国語ですが、中には英語だけでなく日本語を話せる人も多くいます。

観光地になってる場所では、基本的に日本語が通じます。

近いこともあって日本人の観光客も多いですしね。

台北101では展望台のチケットを買おうと英語で話しかけたとき、スタッフの方から「日本人ですか?」と日本語で聞いてきて、わざわざ日本語で対応してくれました。

他にも故宮博物院や中正紀念堂といった観光スポットでは、日本語のパンフレットも置いてあります。

観光地においては、言語の心配はさほど必要ないです。

初めての海外には「台湾がおすすめ」な理由まとめ

  1. 治安がいい
  2. 日本でも馴染みのある店が多くある
  3. 人が優しい
  4. 食べ物がおいしい
  5. 鉄道が便利
  6. 実は国内旅行とあまり変わらない値段で行ける
  7. 日本語を話せる台湾人が多い

僕が実際に台湾を訪れて感じた「初めての海外旅行に台湾をおすすめする理由」を7つ挙げてみました。

海外というと気構えてしまう人もいると思います。

自分も行く前はそうでした。友だちとの何気ない会話から軽いノリで台湾行きを決めたけど、正直不安だらけでした。

  • ホテルまで無事に着けるのか
  • 中国語なんて話せないのにご飯は問題なく頼めるのか
  • 無事に日本まで帰って来れるのか

でも実際行ってみるとなんてことなかったです。

食べ物を注文する時に感じの読み方が分からなくて少し困ったくらい。それでも指でメニューを示したり、ジェスチャーでなんとかなりました。

たとえ言葉が通じなくても、相手は鬼じゃないですからね。

同じ人間なので言いたいことを理解しようとしてくれます。

ほんの少し勇気を持てばそこには日本では味わえない素晴らしい景色が待っていますよ。