日本代表を見てサッカー面白いなと思ったあなたに、Jリーグを観戦してほしい

どうも、普段は名古屋グランパスを応援している つな缶(@tunakan758)です!

 

2018ロシアワールドカップもグループステージが終わり、決勝トーナメントに入りましたね。

日本は史上初のベスト8をかけてベルギーとの対戦でした。

試合は後半に原口と乾のゴールで2点を先制し、勝てそうな雰囲気がありましたが、ベルギーに力で押し切られ同点に。

そして後半終了間際のラストプレーで日本が痛恨の失点。

 

ベスト8まであと一歩だっただけにものすごく悔しい敗戦となり、日本代表のロシア大会が終わりました。

試合開始は日本時間で真夜中の3時だったにもかかわらず、視聴率は30%超えだったそうです。

試合には破れてしまったものの、激戦だった日本代表の戦いに「サッカーって面白いな!」と感じた人もいるのではないでしょうか。

この記事では、そんなロシアW杯を見てサッカーって面白いな!って感じたあなたがJリーグを見にいくべき理由を紹介していきます。

僕もワールドカップからサッカーにハマっていったうちの一人だった

今では試合のたびにスタジアムに行って応援している僕ですが、僕だってもともとは2010年の南アフリカワールドカップを見たのがきっかけでした。

当時、日本対デンマーク戦での本田圭佑の無回転フリーキックに衝撃を受けて「サッカーってすげー面白いな!」と思うようになりました。


こんなスーパーゴールを今までに見たことがなかったので本当に衝撃的でした。

それから一回くらいサッカーを生観戦してみたい気持ちがふつふつを湧きあがってきて、気がついたらJリーグにハマっていきました。

日本代表の戦いに感動したあなたにJリーグも注目してほしい

こんな風に僕もワールドカップを入り口にして、国内のサッカーに目を向けるようになっていきました。

今回のロシア大会でサッカー面白いなと感じた方にも、僕と同じようにワールドカップをきっかけにして国内のサッカーに目を向けてもらえたら嬉しいです。

 

そこでワールドカップの日本代表の戦いぶりに感動したあなたが、なぜJリーグを見に行くべきなのか書いていきたいと思います。

世界で活躍する日本人選手だってJリーグから始まっている

日本代表の選手ってほとんど海外組だし、Jリーグの選手いないじゃん。

たしかに、今回のロシア大会で国内組で唯一全試合スタメン出場だったのはDFの昌子源だけで、残り10人は全員海外組でした。

でも、今大会で活躍した香川も、大迫も、乾もみんなJリーグからキャリアをスタートさせています。

本田や長友、長谷部もそうです。

そして未来の日本代表も、Jリーグから生まれます

ひょっとすると、あなたの応援するクラブから日本代表が出るかもしれません。

そうなったらもう、運動会で我が子の活躍を願う親かのように(笑)、より一層日本代表の試合を楽しめるようになります。

スタジアムの雰囲気を味わうと、また違った感動が得られる

これはもう行った人にしか分からないんですが、観客で埋め尽くされたスタジアムにはとにかく圧倒されます

応援の迫力や選手と選手がピッチでぶつかり合う音、ゴールが決まった時の大歓声はテレビでは全く伝わりません。

ゴールが決まった時のスタジアムの雰囲気はもはや麻薬のようなものです。

一度体感したら病みつきになります。

 

試合の他にも、いろんなイベントが行われています。

スタジアムのグルメ巡りといった試合以外でも楽しめる要素がたくさんあります。

Jリーグの試合の雰囲気がどんな感じなのかについては、【名古屋グランパス】ホーム開幕となった磐田戦の様子を紹介していくで紹介していますよ。

【名古屋グランパス】ホーム開幕となった磐田戦の様子を紹介していく

喜怒哀楽を1年を通して共にできる

ワールドカップでは日本国民みんなが熱狂し、コロンビア戦の勝利に歓喜し、ベルギー戦の敗北に涙しました。

そんな心が熱くなれるのがサッカー観戦の魅力です。

 

Jリーグはワールドカップほどの注目度は無くとも、同じように心が熱くなれる試合が毎週末行われています。

応援するチームがゴールを決めた瞬間、勝利した瞬間、歓喜に沸く時間はワールドカップに劣らないほど心が熱くなります。

一方で、チームが失点した瞬間、負けた瞬間、連敗が続いて苦しい時間は、ベルギー戦のように悔しい気持ちになります。

 

ワールドカップは4年に一度のとても短い期間で行われますが、この喜怒哀楽に満ちた生活を1年中味わえるのがJリーグ観戦の魅力のひとつです。

 

リーグ優勝を決めたとき、計り知れない喜びを味わえるのはそのクラブを応援するサポーターだけです。

下部リーグへの降格が決まったとき、底知れぬ悔しさと絶望感を味わえるのも、そのクラブを応援するサポーターだけです。

自分の応援したいと思えるクラブを見つけて、そのクラブの選手たちや他のサポーターと一緒に、自分達だけしか味わえない喜怒哀楽を経験してみませんか?

終わりに

テレビでJリーグの試合を取り上げるとき、サポーターがずっと飛び跳ねて応援したり、ブーイングなんかしたりしてる映像がよく映ります。

なので

Jリーグって敷居が高そうなんだよね。

と考えるひともいるかと思います。

実は僕も昔はそう思ってたうちのひとりでした。

つな缶

選手はなんかチャラチャラしてるし、応援してる人はブーイングしててなんか怖いし、ずっと飛び跳ねて応援とか自分にはきつくて無理。

今の選手はチャラチャラしてませんけど、たしかに応援は飛び跳ねてしますし、相手選手に対してブーイングする場面もあります。

 

けれど、それらは「絶対にそうしなければいけない」ものではないです。この誤解は解いておきたい。

応援するエリアはゴール裏と呼ばれる一部のエリアだけですし、必ずしも飛んで応援している人ばかりではありません。

スタジアムでは手拍子だけして応援する人もいれば、座って静かに見る人もいます。本当に人それぞれなのです。

 

援ユニフォームや応援マフラーだって必ずしも必要ではないです。

好きな人が好き好んで買ってるだけなので、私服に手ぶらで十分です(チケットは必要だけどね)。

グッズが欲しいなーと思ったらスタジアムで買えばいいだけなので、持ってないのを気にする必要はないです。

まずはとりあえずJリーグの公式サイトから試合日程を調べてみて、気になった試合のチケットを買ってスタジアムに行ってみてください。

きっとテレビで見たワールドカップの楽しさとはまた一味違った楽しさを感じられますよ!

サポーターについてより知るには「サポルト!」がおすすめ

クラブを応援するサポーターがどんな感じなのか知るには「サポルト! 木更津女子サポ応援記」という漫画がおすすめ!

AmazonのKindle Unlimitedに入ってる人なら、1巻はタダで読めますよ。