『内向型を強みにする』の感想:考えすぎて疲れる人におすすめの一冊

こんにちは、つなかんです。

  • 人混みの中にいるとなんだか精神的に疲れてくる。
  • 友達がウチに遊びにきてるけど、早く帰ってくれないかなぁ。今は一人になりたいのに。

あなたは、こんなふうに感じることはありますか?

僕も実際にこういうふうに感じることが多くあります。

他の人と長時間一緒にいるとなんだか疲れてしまうんですよね。

他の人からはあまり理解されないことですが、共感できる方はもしかすると内向型人間かもしれません

そんな内向型のあなたには『内向型を強みにする』という本を読むと、きっと役に立ちますよ。

この記事では『内向型を強みにする』について詳しく紹介していきます。

『内向型を強みにする』とは?

『内向型を強みにする』は心理療法士で、内向型人間に関する研究の第一人者であるマーティ・O ・レイニーさんの著書。

レイニーさんも生まれつきの内向型で、世の中の外向的な考え方に苦しんでいました。

レイニーさん自身が内向型であり内向型の研究者ということもあって、この本の中でも内向型の特徴や内向型との付き合い方などが事細かに書かれています

つきあい下手、考えすぎ、疲れやすい――

内向的なあなたが長所をいかして堂々と楽しく生きるコツ

世の中の75%は楽天的で活発な「外向型人間」だという。

残りの25%の「内向型人間」といえば、大勢の人が苦手、外に出ると疲れやすく、考え過ぎるタイプで、とかく肩身が狭くて、「なんとか自分を変えようと思いがちだ。

「外向型」と「内向型」がじつは生来の脳の回路の違いによる気質タイプの違いであることをご存じだろうか。

エネルギーの取り組み方、刺激に対する反応、情報や経験に対するアプローチが最も大きなちがいだといわれる。

「外向型」は人と話したり外の活動からエネルギーを得、少しでも多く刺激を得たいと飛び回り、広く浅く経験を積み重ねていく。

一方「内向型」はエネルギーをアイデアや感情などなかの世界から得て、静かに自分と向き合うことで充電し、深く経験することを好む。

このちがいと自分の特性がわかれば、今までのように自分を責めたり、別の人間になろうと思うことなく、ありのままで生きられるだろう。

パートナーや子供、同僚とどうつきあえばうまくいくかという具体的なアドバイスも豊富なので、「内向型」の人がラクに楽しく生きることに大いに役立つはずだ。

「内向型を強みにする」内容紹介

内向型ってどんな人?

ところで、「内向型ってなに?」と思う人もいるかも知れません。

内向型の反対は外向型なわけですが、「内向型」「外向型」とは人間の気質の違いのことです。

内向型の人は次のような特徴を持っています。

●自分ひとりか、二、三人の親しい友達とくつろぐほうが好ましい。

●深くつきあっている人だけを友達だと思っている。

●たとえ楽しいことでも、外で何かしたあとは、休息をとる必要がある。

●無口で冷静に見え、観察するのが好きである。

●話したり行動したりする前に、考えることが多い。

「内向型を強みにする」内容紹介

他にもこんな人が内向型に当てはまります。

  • 話すよりも聞く方が好き
  • 大抵の人が気づかないような細かいことに気づく
  • 怖くて折り返しの電話がかけられない
  • 周囲の人から自分で思っているよりも頭がいいと思われて驚くことがある

あなたは内向型でしょうか?それとも外向型でしょうか?

「全然当てはまらないよ?」という人は外向型の人になります。

ここにあるのはあくまで一例で、本の中にちゃんとした診断テストがあります。

全部で30個の質問があるので、興味がある人はぜひやってみてください。

つなかん
つなかん

僕は30個中25個も当てはまっていて、完全な内向型でした。

内向型と外向型の違い

内向型と外向型の大きな違いは、活動するための心のエネルギーの取り込み方にあります。

外向型の人は「外の世界」からエネルギーを得ます。

例えば、

  • 人との会話
  • 人がたくさん集まるパーティー
  • たくさんのモノに囲まれた環境

といった、「社交的だったり活発的な環境」に身を置くことで心のエネルギーを充電しています。

クラブやパーティー、飲み会などに参加すると元気になれる人は、外向型といってよいでしょう。

一方の内向型は、エネルギーを「自分の内側の世界」から得ています。

  • アイデア
  • 感情
  • イメージ

といった「自分の内に秘めるもの」から心のエネルギーを得ているわけです。

自宅や図書館、静かなカフェで読書をしたり絵を書いたりすることで元気になれる人は、内向型に当てはまるでしょう。

ちなみに内向型と外向型のどちらが優れているとかはありません。

どちらにも得意なこと・不得意なことがあります。

内向型の人は25%しかいない

しかし、世の中の多くの人は外向型で、それゆえ世界も外向的に作られています。

内向型人間は、世界的に見てもわずか25%ほどしかいないそうです。

内向型はマイノリティーなために他者からあまり理解されず、人知れず辛い思いをすることがあります。

そのため、お互いの気質の違いを理解していくことが、人間関係をより良くすることに繋がっていきます。

内向型は自分の世界に入って休む時間が必要

内向型の人は自分の内からエネルギーを得ています。

外向型とはエネルギーの取り込み方が異なるので、外の世界の刺激を受け続けてしまうと疲れ果ててしまうんですね。

内向型の人は、充電式バッテリーに似ている。彼らには、いったんエネルギーを使うのをやめて、充電のために休息を取る必要がある。この休息をもたらすのが、刺激の少ない環境だ。それは、エネルギーを回復させてくれる。そういった環境こそ、彼らの居場所なのである。

『内向型を強みにする』

内向型の人は、ひとりになって心のエネルギーを充電する時間と環境が必要になってくるわけです。

誰にも邪魔をされない場所で、ゆっくり読書したり、音楽を聴くことによって心のエネルギーを充電することができます。

この本の中ではさらに、

  • 自分の呼吸に注目して見る
  • 朝日の光を浴びる
  • 睡眠に気をつける

ことによって、内向型の人が人生をより生きやすくなることが紹介されています。

自分は内向型なんだと知って、なんだか気が楽になった

つなかん
つなかん

『内向型を強みにする』を読んで、「自分は内向型だったんだ」と強く納得しました。

僕は友達と呼べる友達が高校時代で4人ほどしかいません。大学の友達も7人くらいしかいません。

少ないと思う人もいるでしょう。

それに加えて、僕は電話に出るのも神経すり減ってしまうので苦手です。

人混みの中を歩いていても、なんだか疲れてくるときがあります。

いわゆるパーティーピーポーと呼ばれる人たちも苦手です(笑)。

一方で、どこかへひとり旅するのは好きだし、本を読んでる時間も楽しいんですよね。

僕がひとりや少人数でいる方が好きなのは、僕自身が内向型だったからなんだなと解決することができました。

実はこうした自分の性格は、家族とは真反対ということもあって、「自分は他の一般的な人とは違う人種なんだな」と悩んでいたこともあります。

でも自分は世界的に見れば25%のマイノリティー側の人間で、「同じ気質を持った人は他にもたくさんいるんだ」と分かったことで、なんだか気が楽になりました。

つなかん
つなかん

自分の気質として受け入れられることができそうです。

『内向型を強みにする』はこんな人におすすめの一冊

今回は『内向型を強みにする』について紹介してきました。

この本は表紙にも書いてあるように、引っ込み思案だったり考えすぎることで悩んでる人におすすめの一冊です。

自分は内向型なのか外向型なのかを知らないまま生きてる人は多いと思います。

それでも自分が幸せに生きていればいいですけど、「なんだか生きるのが辛い」と思っていたら苦しいですよね。

あれこれと考えすぎたり、なんだかすぐ疲れやすい人は、まずは自分が内向型かどうか調べてみてください。

「自分は実は内向型人間だったんだ!」と分かるだけでもグッと気持ちが楽になりますよ。

『内向型を強みにする』を読むならKindle Unlimitedがおすすめ

『内向型を強みにする』は、AmazonのKindle Unlimitedを利用すれば980円で読むことができます。

Kindle Unlimitedでは、この本以外にも100万冊以上の本が月額料金で全て読み放題になります。

わずか980円で大きめの図書館レベルの冊数が読み放題になるので、かなりコスパ良くておすすめです。

30日間は無料で体験できるので、まだ試したことない方はぜひ試してみてください。

Kindle Unlimitedの無料体験はこちら