「リュックひとつで旅をする」 札幌旅に持っていったものリスト

どうも、つなかんです。

この記事では、僕がリュックひとつで札幌へ行った時の持ち物を紹介したいと思います。

 

今年に入ってから台北、釜山と飛行機に乗る機会が増えてます。それもLCCを利用する機会が増えたおかげなんですが、本当に誰もが気軽に飛行機に乗れる時代になったと思います。

LCCに乗る時にポイントになるのが、荷物です。

LCCでは基本料金が格安な代わりに、何かオプションをつけるたびに追加料金が取られる仕組みになっています。

スーツケースをカウンターで預けるだけでも手数料がかかりますし、もし重量オーバーになれば大幅な追加料金を取られてしまいます。

なのでできるだけ安く飛行機に乗るなら、自分で工夫する必要があります。

リュックひとつで旅をする

僕がリュックひとつで旅してみたいと思うようになったきっかけが、高城剛のLIFE PACKING2.1

この本は著者・高城剛さんの持ち物をひたすら紹介している本なんですけど、高城さんはこの本に載っているものだけを持って世界中を飛び回り生活しています。

世界中を飛び回りながら楽しそうに生活する高城さんの生き方には憧れます。

札幌・小樽に行ってきた

4月の頭になりますけど、2泊3日で札幌と小樽へ行って来ました。

LCCのセールを利用して安く飛行機に乗ろうの記事でLCCのセールについて書きましたが、その際に取った航空券です。

4月の名古屋は長袖一枚で過ごしていた暑さだったにも関わらず、札幌はまさかの雪・・・(笑)。

気温差で衣類の準備が大変だったけど、それでもリュックひとつで旅することは可能でした。

持っていったもの

実際に持っていったものを紹介していきます。

バッグ

いわゆる大学生御用達のアウトドアプロダクツのデイパックですね。

街でも本当によく見かけます。

僕が大学1年だった頃に東急ハンズで購入したもので、今でも普段から使っているリュックです。

もう7年くらい使っているので底の部分が汚れていたり、中の縫い目がボロボロにほつれていたりしてますけど、耐久性は今でも全く問題ないです。

容量は19Lです。

衣類

  • 長袖シャツ× 2
  • ズボン×2
  • 下着×2
  • 靴下×2
  • ユニクロのヒートテック×2
  • ダウンジャケット
  • ユニフォーム
  • マフラー
  • 手袋

最終日に札幌ドームでサッカー観戦をする予定だったため応援ユニフォームを持って行っています。

それ以外は普通の2泊3日分の着替えですね。

名古屋は気温20度以上と長袖1枚でも十分な暑さにも関わらず、札幌はまさかの雪だったので服装には困りました(笑)。

寒さ対策としてヒートテックやダウンジャケットを持っていったので、その分衣類の量も増えました。

 

これだけの衣類をどうやってデイパックひとつで持って行けるの?って思う人もいるとか思います。

衣類は基本的に圧縮袋を使うことで服のかさを減らします

ポイントは衣類をきちんと折りたたんでから袋の中に入れ、できるだけ空気を中に残さないようにすること。

あとはひとつの圧縮袋に全部詰め込むよりも、2、3枚で小分けにして入れた方がいいかなと思います。

 

衣類の量にもよりますけど、小分けにした方がバッグの中の隙間に詰めることができますしね。

衣類を圧縮しても、できるだけ隙間を作らないよう上手に入れないと荷物を全部詰め込むことはできません。

デジタル類

今回パソコンは持っていきませんでした。

パソコンがなくても地図や時刻表を調べるといった大体のことはスマホでできますし、飛行機もスマホひとつあれば乗れます

実際に飛行機は行きも帰りもスマホでウェブチェックインをして搭乗しました。

 

カメラもiPhoneで代用しています。

iPhone内蔵のカメラでも充分綺麗に取れますし、荷物を限りなく少なくするためにも減らせるものは減らしています。

つなかん

けれどiPhoneのカメラでは夜景が綺麗に映らないので、その点は悩ましいですね。

 

キンドルは飛行機内での読書で使用。

普段から電子書籍で本を読んでます。

本も電子書籍で読むことで荷物を減らすことにつながります。タブレットひとつで何十冊、何百冊の本を持ち込めますからね。

電子書籍に抵抗がある人もいるかと思いますけど、僕的にはそもそも本自体を「文字情報の集まったもの」と考えれば、本から情報さえ得られれば紙だろうが液晶画面だろうが気にならないです。

その他

宿泊はゲストハウスだったので、タオルや洗面具も自分で用意する必要がありました。

なので歯ブラシやシェーバー、シャンプー類といった洗面具を全てモンベルのトラベルキットパックに入れて持っていってます。

このトラベルキットパックはかなりの容量が入るので、洗面具の他にもアイマスクや充電ケーブル類などの小物類をいろいろ収納していました。

さらにハンガーフックがついてるので、壁にかけたりして使うこともできます(使わなかったけど)。

 

髭剃り(モバイルシェーバー)はブラウンのM-90

このモバイルシェーバーはLIFE PACKINGで紹介されていて、旅行のときに良さそうと思っていたので今回の旅に合わせて購入しました。

何より形状がコンパクト。そして乾電池2本で動き、水洗いも可能です。

替え刃がないのが惜しいところなのですが、コンビニや空港などで1つ2000円ほどで購入できるのでコスパが高いと思います。

 

最後にこの中で「持ってきて良かった!」と思えたのは小さく折りたためるエコバッグです。

行きはリュックひとつで行けたとしても、帰りはお土産なんかを買うと入りません。

そんな時にエコバッグをひとつ持っておいて正解でした。

リュック+エコバッグはLCCでも問題なく機内持ち込みできるので、受託手荷物として預ける必要もありません。

家族に頼まれていた土産は全部エコバッグに突っ込んでました(笑)。

荷物を減らせば減らすほど移動しやすくなる

今回は2泊3日と短かったですが、あと1泊分の着替えがあれば長期でも普通に過ごせます。

実際にリュックひとつで旅することを経験してみて、初めて分かったこともありました。

例えば

  • 上記の荷物だけでリュックがパンパンだったので、ペットボトルの飲み物を買っても中に入れられなかったこと
  • リュックの収納できる箇所が少ないので取り出しにいちいち時間がかかること

などなど・・・。

使わなかった物を減らしたり、リュックを機能性のあるものに替えたりすれば、もっと快適に旅できます。

 

リュックひとつで旅行できると、移動することが億劫にならなくなります。

移動すればするほど、自分の知らなかった新しい世界と出会うことができます。

今度は海外をデイパックひとつで旅しようと思います。

 

▼合わせて読みたい

LCCのセールを利用して安く飛行機に乗ろう